北九州 グルメ

人気の北九州グルメって?

一粒かき

北九州市の冬の代表的な味覚は一粒かきです。
殻つきのままで売られているという事が由来で「一粒」と言います。口の中でとろけるような食感は絶品!
ポン酢をかけてもそのままでもおいしいです。

 

関門海峡たこ

北九州と下関市の間にある関門海峡でとれるタコのことです。
潮の流れが速い関門海峡では、タコがその岩にしがみついて育っているので、足が太く、吸盤が足の先まであるのが特徴です。肉厚で甘い味に身が引き締まっているので食感も最高です。

 

ぬかみそ炊き

江戸時代初期から続いている北九州の郷土料理。
イワシ、サバを使っているのが特徴で、1度食べたらやみつきになる味。お酒の肴にもバッチリ合います。

 

焼きうどん

小倉が発祥の地。鳥町食堂街の方がそば玉かわりに干しうどんを使ったのが始まりと言われています。
正統派「干しうどん」で食べる小倉下町の味です。

 

焼きカレー

西洋と東洋のよさが混在し、ハイカラメニューが誕生した門司港は、明治から昭和にかけて大陸間貿易の拠点として栄えました。
その中のひとつに「焼きカレー」があります。昭和30年代に喫茶店で誕生したと言われていて、まかない用のごはんにカレーをかけてグラタン風にオーブンで焼いたものが美味しかったので、メニューに載せたのが始まり。現在でも門司港では名物料理として人気です。

 

 

北九州にはまだまだ美味しいグルメが沢山あります。
自分の舌で是非、北九州の美味しい味を堪能してください。