北九州 皿倉山

皿倉山の夜景の魅力とは?

皿倉山は新日本三大夜景のひとつと言われています。
標高622mの皿倉山は、「100億ドルの夜景」と呼ばれるほど美しく、北九州市のシンボル的な名所です。
若戸大橋など洞海湾一帯をはじめ、小倉から関門海峡まで100万人都市の北九州市街全体を見渡すことができます。展望広場は広く、展望台からも一望でますが、芝生に座り込んだままの姿勢でも夜景を見ることができます。

 

バリアフリー対応・鉄筋コンクリート2階建ての新展望台が2007年12月28日にオープンしました。屋上が展望テラスになっていて、デッキ面には蓄光石による星空の演出がなされています。そのスケールは圧巻。ぜひ、ご自分の目で確かめてみてください。

 

山頂へは車で行くこともできますが、駐車スペースが狭い(山頂近くの駐車場約20台・無料)のと、山道が長いことから、ケーブルカーの利用をおススメします。

 

夜景鑑賞は帆柱ケーブルカー(平日10:00〜18:00・土日祝日および夜間運行日10:00〜21:30。大人800円)、皿倉山スロープカーの夜間運転時間内(平日10:10〜17:50・土日祝日および特別夜間運行日10:10〜21:20。大人400円)で可能です。

 

施設には自動販売機・展望台レストランがあり、ゆっくりと過ごすことができます。
とてもロマンチックな夜景デートスポットです。
ぜひ一度、極上のパノラマ夜景を楽しまれてはいかがでしょう。